先週末に行なった平野店大売り出しは


大きなトラブルもなく無事に終えることが出来ました。


結果当てクイズは次回にしますので


楽しみにしておいてください


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以前、紹介した大阪鶴橋黄さんの手造りキムチプレミアム


ロットテストも終わり無事に出荷できる準備は出来ました。


今日は、以前紹介したように


こだわりの製造方法を紹介させていただきます。


下処理後の白菜
白菜

大玉でお尻が張っている白菜が株漬けに向くので


入荷した白菜から選別し外葉をはずします。


荒漬け
400274_197389537022922_1833051127_n.jpg

半割した後、濃いめの塩水をかけ、重石をのせ1晩寝かします。


これをすることによって白菜の葉が柔らかくなります。


手振り塩
本漬け手振り塩

1晩寝かして、柔らかくなっても白菜の芯の部分は


まだまだ硬いので、芯の部分に直接塩をかけます。


濃すぎると塩辛くなるし、薄いと漬かりが浅くなるので


この作業が一番大変です


塩漬け
377124_198484490246760_969167632_n.jpg

重石を乗せ、もう1晩寝かします。


前日からの目減りが凄いです


脱水
393664_199025583525984_1602745492_n.jpg

流水で塩を洗い流し、カゴで水をきります。


ムッチョ
ムッチョ

芯まで柔らかくなった葉の一枚一枚にタレを塗っていきます。


塩漬けがしっかり出来ていないと


ここでパキパキ割れてしまうので、塩加減は大事です


完成
379071_199729653455577_1308347665_n.jpg

樽に並べて完成です。



一つ一つ手作業で大変でしょ?


でも、こういう手間を惜しまないのが


ポギタイプのキムチの美味しさだと思うので


手は抜けません



もちろん、この春発売のプレミアムキムチも


この製造工程ですので、お近くのお店で見つけた場合は


手間暇かけた味わいを試してみてください



ポチっと押していただけたら、嬉しいです

     ↓


にほんブログ村 グルメブログ 韓国料理(グルメ)へ
にほんブログ村




スポンサーサイト