FC2ブログ
寒さが増してきて冬がもうすぐそこまで来てますね~


2年に1回のペースでインフルエンザにかかってて


今年はかかる年なんで気を付けて挑みたいと思います(笑)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


前回紹介させていただいた


激辛ラーメンとして販売することになりました。


炎の黄(ファン)ラーメン
黄ラーメン


キムチ屋さんやのにラーメン?


手伸ばしすぎじゃない?って声もいただきます(笑)


でも、今まで「辛さの中にある旨味」にこだわり


唐辛子を厳選してきた経験をいかすのに


ラーメンって良いアイテムやと思います。


激辛ラーメンって韓国ではメジャーで


日本にも良く入ってきてますが


日本人が好むような、辛さの中にコク・旨味があるような


ラーメンが作りたくて商品化しました


興味のある方はポチッとしてみてください。


高麗食品楽天店

スポンサーサイト
世間では、第5次激辛ブームだとか・・・


余りブームは意識していなかったのですが


マーケティングの先生より、「ターゲットを絞りなさい」という


教えを耳にタコが出来るくらい聞いてますので


今回は、「辛いものが好きな人」に


「めちゃくちゃ辛いけど美味しい」を味わってもらおうと


企画してみました。


激辛旨味唐辛子
IMG_2224.jpg



キムチ屋はじめて40年以上・・・


高麗食品史上、最も辛い商品です(笑)


キムチにも使っているこだわりの唐辛子をブレンドして


そこに、ラードなどの旨味を足しています


試食したスタッフも、「汗が噴き出るほど辛いけど美味しい!!」って


言ってくれているので、ええ商品が出来上がりました


どんなパッケージで売るかは未定ですが


少量でも買いやすい値段で販売できたらと検討しております。


決まったら案内しますので、お楽しみに!!

書き方を忘れるくらい放置していた


ブログを再開させていただきます。


キムチに対するこだわりや美味しい食べ方を


伝えていきたいのと


前から良く聞く、「黄さんのキムチの、黄さんって誰?」という声に対して


黄さんってこんな人!!って伝わればと思い


キムチや韓国料理に関する色んなこと書かせていただきますので


よろしくお願いします


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

再開1発目は、もちろんキムチの話で


「キムチが苦い」ということを説明させていただきます。


キムチが食べれなくなるくらい苦くなる原因は


白菜に含まれる天然成分「イソチオシアネート」の作用です。


この「イソチオシアネート」、どんな成分かといいますと・・・


白菜に含まれる天然の辛味成分なのですが


白菜を塩漬けにした際、発生する酵素の作用で


ジメチルサルファイドという揮発成分に分解されます。


この揮発成分は塩素臭に似た薬品臭を発し


味も極めて悪くなります


今年の夏はご存知の通り、異常な猛暑で


白菜の成分にも影響を与え、自社製品も含め


キムチ・漬物でこの「白菜が苦い、薬品臭い」という


お客様よりのお申し出が目立った年だと思います。


10月に入り、白菜の産地が長野県から九州や茨城県に切り替わりつつ


あるので、このような事例も減ってくるはずです。


美味しい白菜キムチが作れる冬まで、もう少し!!


楽しみにしております



真面目で大変面白くない話を最後まで


読んでいただき、ありがとうございます!!


黄(ファン)さんの手造りキムチ 高麗食品
        工場長   黄(ファン) 成守



恐ろしく長い間、更新しておりませんでした。

正直、ブログを辞めようと思っていましたが

レシピなどはブログの方が紹介しやすいかと思い

再開させていただきます

先日、報告した新規事業「手造りナムル」で


大阪府の「経営革新計画承認起業」の認証が得られました。

FullSizeRender.jpg


この認証は、新規性・革新性のあるビジネスプランを持つ


中小企業を、資金調達、税制、販路開拓等で


支援していただける制度です。


なかなかハードルが高くて


一部、ネットの情報では申請者の1割程度しか


認証を受けられない厳しい認証です。


また、新規性や商品の特許などが少ない


食品業界での認証も珍しいケースとなっております。


大阪府経営革新計画承認企業一覧


何度も、商工会議所に相談に行き


書類の準備も半年以上かかりました


途中、何度か心が折れかけましたが


いつもの気合いと根性で乗り切りました(笑)


コツコツやると、良いことがあるもんですね~


お世話になった皆さん、ありがとうございました!


今後とも宜しくお願いいたします